フードファイターの芽が出たかな

私は友達から「残飯処理係」と言われています。目の前にあればいくらでも食べれるし、お客だからといって食事を残すのが嫌で全部食べちゃうからです。前から、雑誌で見て、いきたかったお店に友達と行ってきました!
金額は3500円で、前菜、お肉、魚、パスタ2種類、ピザ2種類(ハーフ&ハーフなので1枚)、そしてデザートの8品です。デザート以外は一つのお皿を2人でシェアです。前菜はワンスプーンとサラダで、ワンスプーンはカレーライスを食べる時に使う大きさのスプーンの上に置かれていますが、一つではありません。大きなお皿に2人で10本です。
おいしく食べていたのですが、前菜を食べた瞬間に友達が恐怖の一言。「おなかいっぱいになってきた」です!友達が私より小食なのは知っているけど、ここまで小食だったことはなかったのと、まだ一品目であることに躊躇しました。
2品目のお肉を一口食べたら、「はい」っと私の方に渡してきます。食べれるので食べましたけど、それから魚、パスタ2種類も一口食べて友達は終了です。ピザも味が違うので一切れずつ食べて、残り4分の3は私です。でも、最後のデザートは別腹なのか自分の分はしっかり完食されてました。さすがに、ここまでの「残飯処理」をしたことがなかったので、何故か達成感があったディナーでした。