独特で素敵。オノ・ナツメ先生作品のアニメ

最近中々、おもしろいアニメが無いって感じませんか?
私も、季節ごとに出るアニメの一覧を見ては、心底がっかりしている一人です笑
90年代のような、活気や野心に満ちた、スケールの大きな作品はほとんど見れませんね。
おかげでアニメからも相当長く遠ざかっていたのですが、最近偶然にも、ちょっと「素敵な作品」に出会ってしまいました。

 

それはオノ・ナツメ先生が描かれているコミック、「リストランテ・パラディーゾ」と、「さらい屋五葉」のアニメです。
特に女性!!絶対見るべきですよ〜!こんな素敵で独特な作品、なかなかないですから。

 

まず、リストランテ・パラディーゾは、イタリアのリストランテ(レストランですね)が舞台です。
主人公の女の子が、自分を捨てた母親に文句をいってやろうと、その店に乗り込んでいくのですが、
そこは「老眼鏡をかけた老紳士ばかり」がいる、ちょっと不思議なお店だったのです。

 

この紳士たちが格好いいんですよねえ〜!
それぞれに現実的な事情をかかえているのですが、そこにあふれる「人間的な強さや優しさ」がすごいです。
少女漫画の特長ともいっていいですが、少年漫画より人間関係がずっと現実的なのもいいですね。
「さらい屋五葉」でも思いましたが、オノ・ナツメ先生は、本当に「人の気持ちを察する」のを描くのが上手です。
アニメの最後、主人公と母親の関係性に、泣いてしまいました・・・;;

 

本当に硬質で優しく、独特で不思議な物語が展開されるので、見てない方はぜひ一度チェックしてくださいね。