今では私が読書をすすめる側です

よく読書をすすめてくる人がいます。私は若い頃活字の本を読むよりマンガの方が好きだったので、読書をすすめられるとマンガを否定されているようでなんとなく嫌な気持ちになっていました。しかし読書家の中には活字の本はもちろんですがマンガも読んでいる人がいることを知り、自分の思い込みだったんだなと反省して現在は私も両方読んでいます。
本を読むことの一番の効果は語彙が増えることだと私は思っています。会話していても言葉の意味がわからないと話に入れなかったり話が広がりにくくなったりします。人は意味のわかる言葉を使って会話をするので、語彙力が不足している場合日常の中で意外と苦労するのではないかと思います。
日本語は非常に語彙が豊富な言語です。そして日本には諸外国の著名な本や専門的な本などとても幅広い分野で翻訳されたものが多数あります。私は東南アジアから日本へ留学してきた学生に「日本にはすばらしい書物がたくさんあるのになぜ日本の学生は勉強するのを嫌がるのですか?」と聞かれたことがあります。色々な本が揃っているというのは日本にいると当たり前のように感じますが外国ではそれほど豊富に揃っていないところもあるようで、私はその問いかけをされて始めてそのような点で恵まれているという事実を知りました。